リデン(REDEN)の効果的な使い方

リデン(REDEN)の効果的な使い方

リデン(REDEN)の効果的な使い方として、事前にマッサージをすることをオススメします。

マッサージをすることにより、血液の循環がより良くなるからです。

 

リデン(REDEN) 効果

 

そして頭皮のマッサージをする目的は、頭皮の表面にある血管を刺激し、より血液をよく流すためです。

直接頭皮をマッサージすることも重要になりますが、その他の部位を刺激することでより効果が期待できます。

例えば、頸動脈あたりは血液の流れが良いので、その付近の耳やもみあげ周辺を刺激してあげると良いのではないでしょうか。

とくに、おふろに入っているときに、5分程度頭皮を刺激してあげることで、髪の毛が活性化する可能性は高くなります。

このように育毛剤を使うときには、単独に使用していても効果が半減してしまいます。

また、運動することで血流を良くする効果も期待できます。

上半身の運動よりも下半身の運動、特にふくらはぎを使った方がよいです。

ふくらはぎは第二の心臓といわれており、この部分をよく動かすことで心臓が血液を押し出すような役割をはたしています。

リデン(REDEN)の効果を十分に効果を発揮させるには、マッサージや運動により血流を良くさせることがとても重要になります。

 

リデン(REDEN)の効果的な使い方 シャンプー

せっかくリデン(REDEN)を購入しても、シャンプーとの相性が悪ければ意味がありません。

 

リデン(REDEN) 効果

 

そこで、リデン(REDEN)をより効果的に利用するためにシャンプーの種類をよく考えましょう。

最近では、シリコンが含まれているものが多いですがシリコンが含まれていると毛穴にシリコンが入り込み、かゆみが伴うだけでなくフケが出る可能性もあります。

そのため、ノンシリコンの天然由来のものを利用するのが一番です。

また、栄養分がしっかり入っている商品を選ぶのがいいでしょう。

頭を洗っているときには、しっかりとマッサージをして血行を促進させます。

とくに、耳ともみあげの間は頭につながる太い血管が通っているため、そこを丁寧にマッサージすることで髪の毛が生えてきやすくなります。

結局は、髪の毛に栄養を与えるだけでなく血管から血液がめぐり血液が栄養を運んでくることが必要になりますのでマッサージはとても重要なものになります。

不潔にしてると抜け毛が増えると考えて、逆に頻繁に頭を洗ってはいけません。

どんなに多くても、1日1回だけにしておきましょう。

場合によっては2日に1回でも特に問題はありません。

よく、毛穴が汚れてしまいそこから髪の毛が生えて来なくなるといわれますが、1日程度洗わなかっただけではそのようなことはなく、むしろ洗い過ぎの方が髪の毛にダメージを与えるでしょう。

 

リデン(REDEN)の効果的な使い方 まとめ

リデン(REDEN)の効果的な使い方は、継続的に半年間毎日使うことです。

 

リデン(REDEN) 効果

 

使うタイミングは、血行が良くなっているお風呂に入った直後が良いですが、その前にシャンプーで髪の毛をきれいに洗っておく必要があります。

とはいえ、あまりきれいに洗い過ぎてもいけません。

もともと頭の表面には、人間が自然に出す脂があります。

そしてこの脂はシャンプーを使い過ぎると完全に落ちてしまうため、さらに皮膚の神経が過敏に反応し、多くの脂が出てしまうかもしれません。

そうすると、余計に抜け毛が増えてしまう可能性があり、リデン(REDEN)の効果が十分に発揮されません。

自分にあったシャンプーを使用し、頭皮を清潔にした状態でリデン(REDEN)を使うとより効果的になります。

シャンプー後にリデン(REDEN)を塗布すると効果的ですが、寝る前でも効果的です。

夜の10:00までに眠るようにすれば、髪の毛の若返りが期待できます。

リデン(REDEN)をつける場合の注意点は、たくさんつければ効果はあるわけではありません。

何事にも適量があり、リデン(REDEN)も適量を必ず守りましょう。

そして、血行を良くすることを考えることで、髪の毛に十分な栄養分が届くようになり、結果的にリデン(REDEN)の効果が十分発揮されるようになるでしょう。

 

 

\リデン(REDEN)/

お得な定期コースは12,800円が9,800円!

https://re-den.com

 

 

TOPページに戻る

投稿日:

Copyright© リデンの効果に驚愕!!超高級成分リデンシル3%配合 REDEN , 2019 All Rights Reserved.