リデン(REDEN)は育毛剤?発毛剤?養毛剤? それぞれの違いについて

リデン(REDEN)など、薄毛や抜け毛の気になる方向けのアイテムは、養毛剤・育毛剤・発毛剤と3種類に分類されます。

リデン(REDEN) 効果

よく似た商品がいっぱいありますが、それぞれに意味があるから分類されているのです!!

そこで、この3種類の違いについて、そして使い分けについて説明します!!

 

リデン(REDEN)は?養毛剤について

養毛剤は日々の頭皮ケアとして、頭皮環境を整えるためのアイテムです。

そして養毛剤は薬事法の分類では『化粧品』です。化粧品ですので、効果効能が謳える成分が含まれていません。

化粧品とは

人の身体を清潔にし、美化し、魅力を増し、容貌を変え、又は皮膚若しくは毛髪を健やかに保つために、身体に塗擦、散布その他これらに類似する方法で使用されることが目的とされている物

よって「効果がありますよー」とか「髪の毛、生えますよー」とか言っちゃだめなんです。

※ 養毛剤を使用することで、頭皮の環境が改善され、抜け毛を減らす効果があるかもしれません。
しかしながら、直接発毛サイクルへ働きかけるようなことはありません。

 

リデン(REDEN)は?育毛剤について

育毛剤は字のごとく、毛を育むものです。今の髪の毛を太く強くし、サポート成分で頭皮をケアしながら頭皮環境をよくするものなんです!!

育毛剤は薬事法の分類では『医薬部外品』になります。

「医薬部外品」とは

厚生労働省が許可した効果・効能の成分が含まれているものの、病気の「予防」を目的に作られたものです。

よって、育毛剤には厚生労働省が許可した効果効能成分が含まれてはいますが、あくまで予防目的であり、強い効果をもたらすものではなさそうです。。。

 

リデン(REDEN)は?発毛剤について

発毛剤は薄毛やAGAの治療に使う成分が配合されています。

「育毛剤」と「発毛剤」はメディアなどでも混同され、同じように聞こえますが、全くの別物です!!

よく聞く成分ではミノキシジルやフィナステリドなどを含んだものになります。これらの成分は髪の毛の奥底にある毛母細胞へ直接働きかけ、発毛を促す効果があります。

「リアップx5プラス」や「メディカルミノキ5」が発毛剤です。

そして、発毛剤は『医薬品』です。

医薬品とは

病気の治療や予防に使用されることが目的とされたものです。そして厚生労働省から有効成分の効果・効能が認められています。

AGAや薄毛に本気で取り組む方は「発毛剤」を使用しなければいけません。

また、医薬品である発毛剤は、医師に処方してもらうか、薬剤師がいる薬局およびドラッグストアでしか購入できません。

 

まとめ

まとめてみますと、下記の順番で効果が期待できます。

① 発毛剤(医薬品)毛母細胞へ直接働きかけ、髪の毛の成長を促す。

② 育毛剤(医薬部外品)頭皮環境を整え、発毛を促進。

③ 養毛剤(化粧品)頭皮を清潔に保ち、血行をよくする。

それぞれを使い分け、自分に適したアイテムを選択しましょう!!

 

リデン(REDEN)は結局どれになるの?

リデン(REDEN)は医薬部外品の「育毛剤」に分類されます。

リデン(REDEN) 効果

リデン(REDEN)には『リデンシル』という頭皮の幹細胞に直接働きかける新成分が配合されています。

このリデンシルという成分はなんと「ミノキシジル」のおよそ2倍のもの育毛効果が期待できます。

よって、リデン(REDEN)は育毛剤ではありますが、発毛剤に近い効果が期待できるのではないでしょうか!?

 

\リデン(REDEN)/

※ 現在品薄状態ですが、入荷しました!!

https://re-den.com

 

TOPページに戻る

 

 

更新日:

Copyright© リデンの効果に驚愕!!超高級成分リデンシル3%配合 REDEN , 2019 All Rights Reserved.